- -
ナビゲーション
-
-

資源化への取り組み

「名古屋市一般廃棄物事業協同組合」は、ごみ資源化に取り組んでいます。

使い終わった物を『役に立たなくなったいらない物』として処分してしまうのではなく、『価値のある資源』として再利用できるように、日々挑戦を繰り返しています。

●ペットボトルリサイクルマーク

ペットボトル
「本体」「キャップ・ラベル」に分けられて、
それぞれ再利用されます ※できている材質が異なります

再利用される材質本体:PET(ポリエチレンテレフタレート)
キャップ・ラベル:PP(ポリプロピレン)

本体は破砕融解され、原料(繊維・シート・ボトルなど) として再利用されます

クリアファイル・ボールペン・シャープペン・定規 制服・モップ・手袋・カーテンなど


●発泡スチロール

発砲スチロール
減容固化されて、原料として再利用されます   ビデオテープのケースなどに使われています


●古紙

古紙
新聞紙・雑誌・段ボール・雑古紙など
  新聞紙や雑誌に生まれ変わります

●缶リサイクルマークリサイクルマーク

缶
アルミ缶とスチール缶に仕分けされ、
原料として再利用されます
  レンジ用フェンス・ガステーブル用マット
などに生まれ変わります

●ビン

ビン
飲料用、食品用のビン

  リターナブルビンは再使用。
その他のビンはガラス原料として
再利用されます

▲このページの上へ     

名古屋市一般廃棄物事業協同組合(名一協) 〒460-0002 名古屋市中区丸の内三丁目18番12号 ラフォーリア5階 TEL 052-961-5383  FAX 052-961-5339

-
-
HOME 資源化への取り組み 活動内容 加入業者一覧 事業ごみ・資源の分別の仕方 事業ごみの出し方 ごみ処理の流れ